300GHz~1μHz(超高周波/ミリ波/マイクロ波/UHF/VHF/超低周波)のキーコム:
ご要望に応じて少量から設計・製作・測定 致します。お気軽にお問合せ下さい。

伝搬遅延方式  Cut Backタイプ  コプレナーライン法
比誘電率/誘電正接(εr'/tanδ)測定装置・システム

Model No. dps07002010619-24
Feature

周波数が500MHzから65GHzにおいて、液体、粉体のεrおよびtanδを計測する測定装置・システムです。なお、コプレナーライン上を液体が"0.2mm厚さ程度覆うようにして計測します。また、本システムはコプレナーラインの電磁界シミュレーションソフトを内蔵することにより、液体とコプレナーラインを形成した誘電体との実効比誘電率および実効tanδから液体のεr、とtanδを誘導します。なお、バイアスを印加することにより液晶などのεrとtanδの電圧依存性も評価できます。

伝送路を用いたCut Back法からなり、以下に示す特長があります。
*プローピング法と比較して、分岐による不明確なLossの低減
*特性インピーダンスの均一性向上
*精度の向上
*測定の単純化
なお、試料が充填された状態で特性インピーダンスが50Ωになるよう回路設計し、製作します。

仕様

測定周波数 500M~65GHz

オーダー情報 - Model No. および 部品番号(もしくはご要望) をお知らせください

Cut Back用計測キット(1セット) コネクタ、校正用伝送路、測定用伝送路 CBC-05
コネクタ付同軸ケーブル  500mm (2本) 40GHz用同軸ケーブル 1m (2本) CM06D-APC2.9(m)APC2.9(m)-0500
  V(m)コネクタ付65GHz用同軸ケーブル500mm CM03G-V(m)V(m)-0500
保持台(1セット)   KM-02
Cut Back用プログラム(1セット) コプレナーラインタイプCut Back用プログラム DMP-15
ベクトルネットワークアナライザ   お持ちでない場合には手配いたします。ご希望の機種等ございましたら、お知らせください。
Windows PC プリンタ付    
GPIBケーブル   GP-01

構成

バイアスTによって試料にBiasを印加できます。
コプレナーラインのパラメータを入力し、条件設定できます。
導体間ギャップ
基板の誘電体厚
導体の厚さ
試料の厚さ