300GHz~1μHz(超高周波/ミリ波/マイクロ波/UHF/VHF/超低周波)のキーコム:
ご要望に応じて少量から設計・製作・測定 致します。お気軽にお問合せ下さい。

RCSシミュレーションソフトウェア (高精度レーダー計算システム:ACES)

Model No. SFW03
Feature

物理光学的回折理論(PTD)を採用

車、船舶、人等のRCSシミュレーションには、精度が高く、しかも計算時間の速いPTD方式が最適です。
電磁波の散乱は直接目にすることが不可能であり、従来よりシミュレーション技術が盛んな領域となっています。
電磁波の散乱評価には、モーメント法などの数値解法、物理光学近似法(PO)および上記両者を複合したハイブリッド法等、さまざまな手法が存在します。中でもPTDを採用している本ソフトウェアはPOを改良し精度が高く、計算時間も短く、大きなモデルに適しています。

数学的シミュレーションの一般的精度と計算時間
  RCS精度(A) 所要計算時間(T) 備考
実機の測定 A   計測環境によるが、最も正確
数値解法 0.9A T 精度は高いが計算量が膨大
ハイブリッド法 0.5-0.8A 0.1T-0.3T 最も実用的であるが、異なる方式の境界部分の計算が難しく誤差が出やすい。従って、部分モデルを実測し、その結果に合致するソフトを選ぶことが必要。
物理光学近似法(PO) 0.3A-0.5A 0.03T 簡便で計算時間も短く、大きな試料に適している。
物理光学的回折法(PTD) 0.5A-0.7A 0.05T-0.2T 精度が高く、計算時間も短く、大きな試料に適している。

特長

例)自動車・トラック・人のRCS(全周、24GHz/76.5GHz)

対象モデルと計算パラメタ

対象モデル:自動車
計算モード:モノスタティックRCS
角度:0~360°(270°が正面)
モデル大きさ:全長×全幅×全高
= 約4.7×1.9×1.5(m)
計算周波数:24GHzと76.5GHz

計算結果  青:正偏波 緑:クロス偏波

24GHz 76.5GHz
                                                      *モデル精度による

対象モデルと計算パラメタ

対象モデル:トラック
計算モード:モノスタティックRCS
角度:0~360°(270°が正面)
モデル大きさ:全長×全幅×全高
= 約8.2×2.5×3.0(m)
計算周波数:24GHzと76.5GHz

計算結果  青:正偏波 緑:クロス偏波

24GHz 76.5GHz
                                                      *モデル精度による

対象モデルと計算パラメタ

対象モデル:人
計算モード:モノスタティックRCS
角度:0~360°(270°が正面)
モデル大きさ:約1.7m
計算周波数:24GHzと76.5GHz

計算結果  青:正偏波 緑:クロス偏波

24GHz 76.5GHz
                                                       *モデル精度による