300GHz~1Hz(超高周波/ミリ波/マイクロ波/超低周波)のキーコム
ご要望に応じて少量から設計・製作・測定 致します。

レーダーアライメントシステム(RAS)

Model No. EES01A
エンブレムなどからのレーダー波の反射量も測定できます

・自動車バンパー付近のレーダー(エンブレムレーダー)のアラインメント調整
・レーダーカバーの特性試験(挿入損失とビームチルト)
をわずか1,2秒の短時間で実施できます。

また、レーダー波がエンブレムなどから反射して、その反射が多重反射して前方に進むことによってレーダー波が乱れてしまう現象が発生しますが、こうした反射量の測定も重要になります。KEYCOMでは、この測定を行うシステムもオプションとしてご用意しています。

 本製品のCWレーダー版はこちらです。

*旧Model.No:SM5899

[関連製品一覧]

利用目的/透過減衰のタイプ 片道 往復
研究開発向け EES04 EES12-01
生産ライン向け EES01A EES12-02

仕様およびシステム構成

仕様

項目 内容
周波数範囲 76.5~79GHz 共用
使用温度範囲 0度~40度
データ更新速度 4Hz(250ms/点)
角度の測定精度 ±0.1°
レーダカバーの挿入損失とビームチルトの同時測定 

 

【オプション】
項目 内容
レーダーカバーの反射減衰量 0~-45dB

システム構成(レーダーカバー特性測定の場合)

型名 製品名 数量
SM5899 レーダ・アライメントシステム(RAS) 1
送信器 1
VGAモニタ 1
RAS固定治具 1
材料固定治具 1

*ビームの半値幅(-3dB)の測定可
*同時に複数の周波数(20ポイント)での測定が可能

FMCW化によるパフォーマンスの向上

自動車用エンブレムの測定においては、「定在波をいかに軽減するか」が測定精度向上の大きなカギを握っています。
しかしながら、近年の傾向として、エンブレムの設計上、定在波がより発生しやすくなっています。

そこで、キーコムでは、定在波の影響を抑制する観点から、測定システムのレーダーの照射方式をCW方式からFMCW方式に改めることとし、その開発に成功しています。
今回の見直しに伴う測定精度(ばらつき)の変化は次のとおりです。

①透過減衰量

従来仕様における測定値のばらつき幅0.56に対し、FMCW仕様のばらつき幅はわずか0.13で、従来の1/4以下になっています。

②ビームチルト角 水平(Az値)

従来仕様における測定値のばらつき幅0.09に対し、FMCW仕様のばらつき幅はわずか0.03で、従来の1/3になっています。

③ビームチルト角 垂直(EI値)

従来仕様における測定値のばらつき幅0.16に対し、FMCW仕様のばらつき幅はわずか0.05で、従来の1/3以下になっています。